自賠責保険

正式には自動車損害賠償責任保険といい、賠償資力確保を目的とした国の制度で公道を走るすべての車やバイクに加入が義務づけられています。

自賠責保険証書を常備していないと30万円以下の罰金が課せられ、有効期限が切れていると1年以下の懲役または50万円以下の罰金が課せられます。

自賠責保険は、分かりやすくいうと「対人保険」で被害者保護のためにあり、保険の支払いも「他人」に対するものに限れれます。

自賠責保険の死亡補償額は1事故1名に対し最高3,000万円、重度後遺障害は最高4,000万円
障害120万円です。1事故で複数の被害者が出た場合でも、人数には制限がなくそれぞれの被害者に限度額までであれば賠償金は支払われます。

また、保険期間中であれば、何度事故を起こしても保険金の減額はありません。しかし、実際に事故による損害賠償金は1億円を超えるケースもあり十分な補償ができない事もあります。

それに加え、対物(電柱やガードレール等)や車両(自車、他車)自分自身に対する損害補償はありません。また、被害者に支払われる賠償金も、一部のみで充分に支払われない事も多くあります。


copyright © 2006 自動車保険を家族で考えよう All Rights Reseved